クレドシップは夢にエンジンを与えてくれる場所~インターン生が語るクレドシップの魅力

こんにちは、クレドシップの小林です。

今日はインターンをしていた山下寛人(やましたかんとう)くんがクレドシップを卒業することになったので、急遽インタビューを行いました。


さらに大学も休学し、予てから興味を持っていた身体障害者向けのロボット作っているサイバニクス企業の新規事業セクションでインターンをすることになったとのこと。


インターンを卒業してインターン?クレドシップじゃだめだったの?という疑問を抱きながらインタビューを行った私ですが、そこにはクレドシップに出会ったからこそ、夢への一歩をつかめたかんとうくんのストーリーがありました。

ぜひ、ワクワクしながらお読みください!!


注:インタビュー中、小林はフランクな口調ですが、かんとうくんとは親子ほど歳が離れているのでご容赦ください。




***


■E判定からの京大入学とクレドシップ板井との出会い


ーこんにちは!久しぶりだよね。


(か)そうですね、前回は彼女に振られたあと、めっちゃ凹まされた時だったので


ーごめん、ごめん。ただその時のこともキッカケで次のインターン先が決まったといっても過言じゃないよね。今日はぜひその話を聞かせてください。


まずはかんたんにプロフィールを教えてほしいです。というか、京大生やん、小さいころからめちゃくちゃ勉強していたの?


(か)いやいや、僕一浪してるんですよ。高3のとき360人くらいいて、300位くらいだったから。先生たちにお願いして、個別に教えて下さいっていって、一年目は阪大受けたんですが、予備校に行ってました。


福井県の敦賀出身なんですが、そんなに大きな予備校や塾もない中、死ぬほど努力しましたね。ただ、最後の模試でも京大E判定(笑)勇気だけで受けました。それで受かりました。


クレドシップでは戦略MGが好きで、めちゃくちゃ強い人とやるのが面白い。


受験で燃えてたころを思い出すというか、人のものの見方や人が見えるのが面白いです


ーでは、早速なんですが。私はかんとうくんと会うのが2回目?3回目でクレドシップではかんとうくんの方が先輩なんだけど、かんとうくんはどうしてクレドシップでインターンをすることにしたの?


(か)大学1回生のときに学生団体のアイセックの新入生歓迎会で、セミナーがあり、板井さんともうひとりコンサルタントの方が登壇されたんです。

当時はあまりアイセックに対して乗り気じゃなかったんだけど、そのセミナーを聞いて、2人の人が違いすぎるというか、板井さんの話に共感して。それが出会いですね。


ーなるほど。





(か)板井さんて、基本なにしたいん?「どうしたいん?」って聞いてくれるじゃないですか。こうしたらいいとかではなく。したいことしたらいい、というスタンスで、考え方がおもしろいなと思っていました。

漠然と自分が感じていたけど蓋をしていたようなことを、“ああ、そうそう、それでいいんだ”というかんじ


ー自分がなんとなく思っていたことを肯定してくれるというか、声にしてくれたってことやね。


(か)はい。それが夏終わり頃で、学生団体の先輩である柳さんを通じて、板井さんと30分くらい話す機会を頂いて、インターンをすることにしました。純粋に板井さんと志というか、考え方が自分と似ていると思い、共感したので


ーそうだったんだ。それがいくつの時?


(か)僕は一浪して入ってるんですけど、20歳二回生のときですね。今22歳なので。



ークレドシップのインターンではどんなことをしていたの?


(か)クライアント企業さんへのコンサルティングの手伝い(リサーチなど)や、戦略MGの運営の手伝いですね。


インストラクターのライセンスは持ってないけど、当時クレドシップのインターン生で「学生チーム」というのを作り、そのメンバーで戦略MGやコンサルティングのサポートをしよう、という動きがあったので、やらせてもらっていました。


あとは、学生向け「スーパーセールス講座」の開講を手伝ったりもしました。


ー学生なのに、コンサルとか!いろんなことさせてもらってたんだね~。


(か)クレドシップに関わって1年くらいなんですが、キャリア教育の仕事(高校での出前授業)にも一緒に行かせてもらいました




■クレドシップシップに入ってみていろんなステイタスの人と出会った


ーそうなんだ。ちなみにクレドシップに入ってビフォー・アフターって変わった?逆に変わらない?志が一緒だったから、とか・・・


(か)いや、めちゃくちゃ変わりましたよ!!変わりすぎて挙げられないくらい


ー例えばどんな?


(か)クレドシップならではのところだと、働き方の多様性ですかね。自分自身が「どうあってもいい」と思えたこと。

クレドシップでは自分のやりたいことを言えるし、理念や信念のある人と話せることが、自分のモチベーションを上げてくれました。


僕の代はインターン生が多かったし、同期で頑張ってる人を見ていると、僕もがんばらなあかんと思ったし、逆にその人達が悩んでいる時は頑張らなくてもいいとも思えたので。

なんというか、「居場所があるっていいな」って思いました。


ーその他には?


(か)好きなことが出来て、心理的安全性が確保されている場所だなと感じていました。

例えば普通の社会だと、相手の話を聞いても、そこにすぐ自分の意見かぶせてくることって多いじゃないですか。


“いやいや俺はこう思う” “それは違うぞ”のような。そういうのがないですよね。


“どうすればいいですかねえ”って言うと、“お前はどうしたいん”って来る。


自分の中では大切だと思っていること、明確化していることを、(板井との)面接(面談)の場で普通に話せるから、似たような志向の人が来るんだと思います。


ーなるほどね~!だから恋愛相談とかしちゃうんだ。


(か)そうなんですよ(笑)相談しに行きたい!ってなります。フラれました、どうしたらいいですかーとか、彼女がほしいですとか


ーかんとうくんはオフィスには恋愛相談しに来てるのが9割って言われてたけど(笑)


(か)いやいや、ちゃんと板井さんと二人のときは違う話もしてましたよ!ただ、板井さんもすごく人間くさいところがあって、話しやすかったので。板井さんとは、(当時板井が離婚した頃)どっちが先に彼女が出来るかやな、とか会話してて、もうそんなの社長とインターン生の会話じゃないじゃないでしょ(笑)


ーそうだね。そういうところが普通のインターンと違うよね。


(か)そうなんです。僕の人生の転機って結構恋愛関わってるんですけど。


ーああ、分かる。若い時って大体そうだよ。私も・・・(以下小林の昔話が続くため、省略)


(か)そんな時、クレドシップの人が背中押してくれるんですよね。自分を曲げそうになったときとか、周囲の人が歪んでない生き方を体現してくれているから。


ー社長や上司というよりはお兄さん、先輩って感じかあ。